資料

資料

資料

探偵の業務はなんといっても資料集めに尽きるでしょう。もし家出人や行方不明の人の足取りを探るのでも、浮気調査をするのでも、信用調査をするのでも、まずはデータありきです。

 

インドアテニス 東京なら

 

依頼人にこうした結果がでましたよ、とその調査を報告するのもしっかりしたエビデンスなしには説得力が薄れます。ですからまずは資料を揃えること、どんな小さな情報でも軽視しない事が大事です。そうした小さなヒントから解決や調査の糸口が掴めることがあります。例えば家出人や失踪人であれば、本籍地に帰っている可能性もあるし、履歴書などを手に入れたら、過去にいたことのある土地に戻っている場合もあります。

 

そうした推理やカンのようなものは長年探偵をしていると、どのような資料を使ったら早く調査ができるか、また顧客にとってはどういった資料を示すのが有効かということがわかる様になってきます。

 

 

ある意味でわかりやすい資料の作成、そして証拠などを示せば、だいたいの顧客が満足することもわかります。まずは口より行動、そして論より証拠ですから、結果をだすことが最重要です。そして探偵業務の難しいところは時間が限られているということです。その限られた時間内で、一番成果を出しやすい、そしてよい仕事をしたと評価されやすいポイントをしっかりと物にする必要があります。時間は限られていて、そして予算も限られてしまう場合は、なんといってもプロのカンで重要なこと、優先順位をつけることが必要でしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ