人探しを探偵事務所に依頼する場合の情報(その1)

人探しを探偵事務所に依頼する場合の情報(その1)

人探しを探偵事務所に依頼する場合の情報(その1)

人探しを探偵に依頼する場合、情報と言うのは多ければ多いほど手がかりとなりますので分かる範囲で構わないので、
小さなことでも居場所特定に繋がりそうなことは、情報として提供しましょう。

 

氏名、年齢、性別、家出・失踪する前の住所、携帯電話の番号、勤務先(学校)、職場や学校へ通っていた交通手段といって基本情報と共に
ターゲットの写真も添えると良いでしょう。

 

また、一般的に家出人・失踪人の捜索を探偵に依頼する、と言うのは保護者や配偶者、その他親族、家出人や失踪者の監護者、極親しい友人、知人と言うことになりますから、
運転免許の有無なども分かりますよね。

 

身内が届出人の場合であり、自家用車を乗って出ている、と言う場合は、車種や登録番号なども情報として出しておいた方が良いでしょう。
それからクレジットカードを普段利用しているのであれば会社名だけではなく、番号や利用明細書など履歴の分かる請求書などもあれば手がかりになるかもしれません。
因みに携帯電話についても明細に履歴が残っているのであれば、それも重要な手掛かりとなり得るわけですし、履歴を取り寄せていない場合でも、
まだ、携帯電話が使われているようであれば履歴を残してもらう手続きをとり、明細を情報として提供するのも良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ