事件に巻き込まれている可能性や生命の危機が考えられる場合(その1)

事件に巻き込まれている可能性や生命の危機が考えられる場合(その1)

事件に巻き込まれている可能性や生命の危機が考えられる場合(その1)

警察に家出人捜索願いを出した場合、警察の人探しデーターベースに登録されることになり、交通違反をしたり何かの取締の対象となった、と言う時に警察から連絡を入れてもらうことになる、と言うのが一般的ですが、未成年、成人に関わらず犯罪に巻き込まれている可能性があったり、
自殺の恐れなど生命の危機があるなど「特異家出人」の場合は警察も捜査してくれます。

 

捜査、と言ってもそれこそ大きな事件にでも巻き込まれていない限り大々的に操作しくれるわけではないでしょうが、
例えば、通常はスピード違反でなければオービスは車両のデーターを拾いませんが、自家用車で移動している可能性が高く
警察が生命の危機があるなど必要と判断した場合、車種や番号を届け出ることによってその情報をオービスに登録してくれ
○月△日●●時▲分に何処を通過しどちらの方面に向かった!などの情報を拾うことが出来ればすぐに連絡してくれます。

 

そう言った、情報を探偵に報告すると、探偵はすぐに現地に赴き捜査にあたってくれるので発見される確率が高まります。


ホーム RSS購読 サイトマップ