事件に巻き込まれている可能性や生命の危機が考えられる場合(その2)

事件に巻き込まれている可能性や生命の危機が考えられる場合(その2)

事件に巻き込まれている可能性や生命の危機が考えられる場合(その2)

警察に家出人捜索願を出したし、犯罪に巻き込まれる可能性や生命の危機も視野に入れ、オービスで車両情報も拾ってくれると言われたし、
自分たちで探せる範囲は探し尽くしたので、後は警察の連絡を待つしかない、と言う人いるかもしれませんね。

 

しかし、オービスで拾った情報は提供してくれても、その場でその車両を抑えてくれると言うことはしていないのか、難しいのかは定かではありませんが、
「身柄を押さえてもらった」と言う話は殆んどないようです。(世間を騒がすような大きな事件の際は別ですが・・・)

 

しかし、車両がいつ何処を通過した、どちらに向かったという情報は人探しにおいて大きな情報となりますね。
しかも、それが1回のみならず数回そういった情報がもらえたなら、どちらの方に向かって走り続けているのか分かりますよね。

 

また、数日同じ動きをしているのであれば、住居や職場がその近辺にあるなど生活圏がその当たりである、といった見当をつけることが出来ますね。

 

ただ、それ以上のことはなかなか警察も動いてくれないかもしれませんので、やはり1日でも1時間でも早く見つけ出すためには
探偵などプロに依頼し、警察からの情報を元に捜索をお願いするのが手っ取り早いのではないでしょうか?
警察への届け出ももちろん大切ですが、探偵に依頼しておくことで更に早期発見早期身柄確保につながるはずですよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ