張り込み

張り込み

張り込み

張り込みはどんな条件化でもしないといけませんし、また24時間張り込んでいる必要があるので体力的にもかなり厳しいものがあります。そして疲れて一瞬気を抜いたときに決定的瞬間を逃すということも当然起こりえるので、常に緊張感をもって業務にあたる必要があります。

 

 

 

 

そして張り込みについてはときにあまりに張り付いていると、付近の住民から不審に思われたり、もしかしてストーカー?などと勘違いされる危険もあります。費用の面からそう長く貼りこみが必要が案件はそう多くないですが、もし不審に思われて職務質問を受けるようなことがあっても依頼人の名前など、情報は一切漏らしてはならないので、ますまず不審がられてしまいます。探偵業務をしていることを伝えれば、余計な詮索を受けることはまずないでしょうが、付近の様子を不審に思ったターゲットにバレてしまったら大変なので、その張り込みも目立たないようにしないといけないし、いつも同じ車で同じ時間にずっと付近をうろうろするようなことは避けたほうがいいです。

 

 

 

にぎやかな商店街や盛り場ならまだしも、住宅街で不審な車というのは案外目立ってしまう物で、とくに狭い道路の場合その住人以外が車を止めることがすくないので、すぐに不審がられてしまうことがあります。当然不審に思われたら警察などがくるかもしれませんから、気を付けましょう。警察とのやりとり、会話内容を聞かれたら、アウトです。よほど鈍い人以外は気付くでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ