依頼書

依頼書

依頼書

依頼書については、しっかりとその内容を依頼者のほうも探偵のほうも改めておく必要があります。その内容によっては報酬の支払われ方、また経費の計算を含めて銘記されているので、もし探偵に仕事を依頼するときはその依頼書、もしくは契約書をベースとします。契約にかかわる書面ですので、サインをするまえによくわからないこと、はっきりしない事がある場合にはなんども確認する事が必要です。

 

 

 

最後の報酬を払うときになって、約束が違うと揉めるのは一番避けたいことです。だいたいの探偵事務所のシステムとすれば、まずは着手金を払って、仕事が終わったとき、もしくはしっかりと成果を出したときに報酬が支払われるようになります。

 

 

 

その時に調査にかかった実費などを同時に請求されますが、この実費というのがその調査によってはかなりかかってくるので、だいたいの見積もりを貰っておいてその金額を把握しておきましょう。新幹線や飛行機を使うことになったり、海外まで出張をしてもらうことになれば、そうした経費が莫大になってきますがその辺りも前もってどれくらいになるのかを見積もりをしておけば、請求書が来た時に驚かないですむでしょう。

 

 

 

契約、そして依頼に関してのことは、だいたいが書面になっています。文面がどうもはっきりしない、なおかつ依頼書についてなにか問題があるときはその都度確認しておきます。後でその曖昧な記述のために法外な報酬を払うはめになったとしてもあとの祭りです。書面確認が依頼の第一歩です。

 

子供服 ブランド通販

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ